知っておきたい!iPhoneの修理料金

保障に入っていない場合の料金

いざというときのために、お手持ちのiPhoneの修理にいくらかかるか知っておきたいですよね。
水没や画面割れなどは、特に少しの気のゆるみから起きてしまうことがあります。手がすべってしまったり、iPhoneを膝の上に乗せた状態から立ち上がったりしたときに、ヒヤリとしたことがある方も多いのではないでしょうか。最新型のiPhoneでは耐水性能はあがりましたが、防水対応ではないので水没の危険はともなっていますし、落としたところが悪かったりすると、ガラス交換が必要になってきます。
通常、保障に入っていない場合は、画面の損傷のみであれば、ご使用のiPhoneのモデルによって細かく異なりますが、最大17000円弱、その他の損傷の場合は最大40000円弱必要になってきます。

保障に入っている場合の料金

ご使用のiPhoneが保障に入っている場合についてお話しします。
iPhoneの場合、購入時に携帯会社・メーカーの保障に入るという選択をする方も多いかと思います。このとき、購入から二年間という決まりが設けられている場合がもっとも多いです。この保障に入っていると、保障期間中に異常が発生した際には、使用者の過失による故障でも何度めかまでは数千円ほどで部品交換、あるいは新品に交換できる場合が多くあります。とくにメーカーの保障ですと、購入時に1万円強を支払っておくと、それから2年間、最大2回まで画面割れは3500円弱、その他の損傷は12000円弱で修理することができます。
以上、保障に入っていない場合と入っている場合を比較してみました。高価なものですのでなるべく壊さないようにしたいところですが、人間いつなんどき失敗してしまうかわかりません。いざとなったときに困らないよう、確認しておくのがいいですね。

iPhoneのバッテリー交換は難しく思われがちですが簡単にできます。インターネットで修理プレミアムパックを購入すれば、個人でも簡単に交換できます。