iPhoneを防水可能にするノウハウ!

iPhoneに防水加工する最新の方法

iPhoneを使っているときに注意しなくてはいけないのは、水に対する対する備えです。iPhone7は防水機能がありますが、iPhone6を始めとするそれ以前の機種は防水機能が備わっていません。ですが、簡単にiPhoneを防水仕様にできる方法もあります。
一番新しい方法では、iPhoneにスプレーを吹き付けて防水のコーティングをする方法です。髪の毛の約40000分の1という微少な粒子をスプレーでiPhoneに吹き付けると、数秒間の間は水没してもiPhoneを水から守ってくれます。
このコーティングによる防水加工はiPhoneの専門店ですることも可能です。おおよそ5000円から6000円ほどで生活防水に対するコーティングができます。自分でスプレーするよりも簡単なので、コーティングするなら専門店に頼んだほうが良いかもしれません。

定番の防水機能を持たせる方法

定番の防水方法はiPhoneに防水ケースを付けることです。防水ケースにはIP0から8まであり、0から8と数字が大きくなるほど防水機能は高くなります。8が一番防水性能が高く水没しても支障はありません。ハードケース、ソフトケース、防塵機能、耐衝撃性を備えたもの、デザインが施されているものなど、いろいろな製品が発売されているので好みのものを選ぶといいでしょう。
最後に一番手っ取り早くてお金がかからないのが、食品用のジッパー付きビニール袋にiPhoneを入れて使用する方法です。お風呂に入るときなどに使用するととてもとても便利です。しかし、しっかりと密閉しないと水が中に入ってしまうので注意も必要です。あわせて、袋が破れてしまわないように気を付けてください。

iphone6sの修理は、実績豊富な店舗へ依頼することで、あらゆるトラブルに対してスムーズな対応が期待できます。